2018/05/06

HSBC香港に口座を作りました





香港は中国ですか?

この問いには、人によって答えが違うかもしれません。
大陸の人は『香港是中国啊』と答えるでしょう。
国際的にも香港は”中国に返還された”となっています。
当ブログでは、香港は中国であるとして掲載することにしました。

この記事は6部構成です。

 HSBC香港に口座を作りました
 HSBC香港に口座を作りました-準備
 HSBC香港に口座を作りました-渡航
 HSBC香港に口座を作りました-現地で
 HSBC香港に口座を作りました-いよいよ口座開設
 HSBC香港に口座を作りました-最後に

 

 

HSBC香港口座開設

私は、2016年8月にHSBC香港に銀行口座を作りに行った事があります。
その事を思い出しながら書いていきたいと思います。
1年以上前のことですので、一部の記憶が曖昧かもしれません。
また、制度やアクセスの方法が変更になっているかも知れません。

ご自身で口座開設を計画されている方は、最新の情報を収集されて下さい。

 

HSBC香港

 

なぜ、HSBC香港に銀行口座を開設しようと思ったのか?

私の場合は、特に必要な理由はありませんでした。
中国銀行の銀行口座は既に持っているし、黄金とか金融商品にも興味がありません。
海外で投資をしたいとも思いません。
そもそも、そんな余剰資金がありません。

ただの好奇心です。
香港に行ってみたいけど、ただの観光ではイマイチ気が乗らないので、何か面白そうなことないかなあと思っていました。

”口座開設”というのは、その時の私にとって香港に行く動機として最適だったのです。

 

 

ツアーに参加した

そこで見付けたのがグローバルなんちゃらという会社が開催している口座開設ツアーでした。

ネットで見れる動画セミナーはこちらです。

この会社はどういう会社なのか良く分かりませんが、日本国内でよくセミナーを開催しています。
高額なものではなくて、大体いつも1,000円なので、私も何度か参加したことがあります。

「海外に不動産を持とう」とか「仮想通貨のセミナー」とかが多いです。

よく分からない会社でしたが、ぜんぜん知らないわけではないし、全員が日本人だし、お金はこの業者に預けるのではなくて、自分で持っていって、銀行に預ける訳ですので、もし騙されてツアー代金を取られたとしても、実害は軽微です。

ツアーと言っても、現地集合、現地解散ですので、一人で初めての土地に行く新鮮味は感じられると思いました。

また、自力では口座を開設できる気がしません。
私は英語が全く分からないのです。ローマ字が限度です。(哈哈哈
それに香港は広東語を使っていて、普通語はほとんど通じないと思っていました。

私はツアー参加を決めました。
私が参加したツアーは 2016年8月26日~28日のものです。

HSBC香港口座開設

HSBC香港に口座を作りました-準備 に続きます。

 

 

 











メディアパートナー