2018/05/13

中国旅行の必須アイテムは栓抜き!?





私は中国旅行の最中に、よくビールを飲みます。
お昼ごはんの時でも、4本くらいは飲みます。

 

1本づつ注文していた

中国人は、最初にまとめて注文するのかも知れませんが日本人である私は、冷えたビールが好きですので、都度の注文になります。
注文時には必ず『啤酒要冰镇的』と言って、冷えたビールを要求します。
何も言わないと、常温のビールを持ってくるからです。
都市部ではもうそんなことはありませんが、田舎ではまだこんなモンです。
※『啤酒』は、私が最初に覚えた中国語の単語です。
※『啤酒要冰镇的』は、私が最初に覚えた中国語のフレーズです。

 

店員に嫌われる

都度注文で追加で持ってくるのが中国の飲食店で働く服務員には面倒らしくて、嫌われている気がします。
そして、『栓を開けて』のジェスチャーで意思を伝えます。
※口で『シュポッ、シュポッ』と言いながら動作のマネをしていたのですが、たぶん『请打开』で通じると思います。

店員は空けてくれない

服務員はエプロンのポケットごそごそと探しても栓抜きが見付からないので、どこかに探しに行きます。
私はその間、ぼっーとして待っているのですが、栓抜きを探しに行ったはずの服務員が、調理や配膳などの他の仕事をしている事に気が付いて唖然とします。
こんな事が何度もありました。

 

以前はライターを使っていた

ですので、私はライターを使って栓を開けていました。
どうせ帰りの飛行機の搭乗する直前に捨てるライターです。
ボロボロに傷んでも構いません。
※マッチを持っているので、空港を出てすぐの一服には支障がありません。
※マッチも搭乗前に見付かれば没収されます。

こうして、私はライターを使って栓を開けていたのですが、加齢とともに体力がなくなってきて手が痛いですので栓抜きを持参するようになりました。
それが↓です。

 

栓抜

NITEIZE(ナイトアイズ) エスビナーボトルオープナー シルバー SBO-03-11 (日本正規品)

私がいつも旅行の時に着て行くベストがあるのですが、そのポケットに常時入れっぱなしになっています。
日本では使う機会がありませんから。この記事を書く為に引っ張り出しました。

金属製ですが、空港のセキュリティーゲートで止められたことは、一度もありません。

栓抜きが必要な理由

この栓抜きを持参するようになってからは、それはもう水を得た魚のようにビールを飲めます。
追加も服務員に頼むのではなくて、自分で冷蔵庫を開けて、一番奥のなるべく冷えていそうな物を選んで取り出します。

店員も他人も笑顔になれる

手間のかからない客には、服務員もフレンドリーです。
他の席のお客さんで、栓抜きがなくて困っている感じの人のビールも開けてあげます。
これで知らない人ともフレンドリーです。

現在では、「これなしでの中国旅行は考えられない」と言う程の便利アイテムがこの栓抜きなのです。

アマゾンンのレビューも高評価でしょ↓

 

 


NITEIZE(ナイトアイズ) エスビナーボトルオープナー シルバー SBO-03-11 (日本正規品)

 

 











メディアパートナー